ごあいさつ
青葉学園 野沢こども園 総括園長 田村 哲夫

教育保育理念
 青葉学園野沢こども園は東京都で初めての幼保連携型「認定こども園」として、平成19年4月に開園いたしました。
 こども園は、「就学前のこどもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年10月施行)」に基づいた、幼稚園機能と保育園機能を一体化した新しい形の総合施設です。
 保護者が働いていれば保育所、働いていなければ幼稚園などと、就労の有無により施設が限定されるのではなく、就労環境の多様化に対応して、子どもたちに教育保育を一体的に提供することを目指します。また、地域の子育て中の保護者の皆様に、各種子育て支援事業を行なっていきたいと考えております。

履歴(略歴)
・学校法人渋谷教育学園、学校法人青葉学園 関連
 昭和33年3月東京大学法学部卒業後、民間金融機関を経て、昭和37年に学技法人渋谷教育学園常任理事に、45年に理事長に就任する。
 以降、渋谷幼稚園園長、昭和58年には幕張中学校高等学校の校長に就任するとともに、平成3年には渋谷幕張シンガポール校(現、早稲田渋谷シンガポール校)校長、平成8年には渋谷中学校高等学校校長に就任し現在に至る。
 平成15年には学校法人青葉学園(現、東京医療保健大学、青葉学園幼稚園、青葉学園野沢こども園)の理事長に就任し現在に至っている。

・他の学校法人関連
 昭和50年に学校法人麻布学園理事、同63年に多摩大学附属聖ヶ丘中学高等学校校長(平成8年3月まで)、平成9年には学校法人ソニー学園理事に就任し現在に至る。

・公職関連
 平成1年10月 文部省中央教育審議会委員に就任。平成21年2月副会長に就任。
 平成12年には教育改革国民会議委員に就任し、以降、文化庁文化審議会委員文部科学省大学設置・学校法人審議会特別委員、同省中央教育審議会幼児教育部会部会長、日本私立中学高等学校連合会会長、 政府の教育再生懇談会の委員を歴任し現在に至る。
 また、平成17年12月には日本ユネスコ国内委員会副会長、平成20年12月に会長を歴任し現在に至る。
 園児全員に対し、質の高い幼児教育を与える場と環境を提供し、「元気に遊べる子」「根気よくやりぬく子」、「素直でおもいやりのある子」を教育目標とし、豊かな人間性、自ら考える力、人として生きるための基礎づくりを行なっていきます。
子どもの心身ともに健やかな成長を援助していきます。
家庭との連携をとり、社会の変化に対応しながら質の高い幼児教育を行っていきます。
認定こども園として、1・2歳児の保育が、3歳からの幼保一体の教育保育につながるような教育保育を行います。
保護者の方の「仕事と子育ての両立」を支援していきます。
地域における「子育て支援センター」として、子育てを通じた親同士の交流の場を提供していきます。